Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

In-Stants

In-Stantsは、入力中に検索結果が表示される独自のインスタントサーチ技術を搭載した検索アプリケーションです。検索キーワードを確定する必要もなく、画面遷移も発生しないので高速に検索結果をナビゲートします。

調べたいキーワードを1つの検索ボックスに入力するだけで、Google、Bing、Yahoo!、Amazon、Twitterなどから検索結果を瞬時に引き出せるので、探している情報がすぐに見つかります。

とことんまでチューニングされた直感的な検索インターフェースは、あらゆるビジネスシーンでご活用いただけます。

【主な特徴】

  • キーワード入力中に検索結果を表示(インスタントサーチ)
  • 必要な情報だけに絞って情報を見やすくレイアウト
  • 検索エンジンをページ遷移せずに切り替えることが可能
  • 検索結果を地図上にマッピング。現在地の周辺情報だけの・絞り込みも可能
  • 一度検索したものをキャッシュして高速に表示
  • 検索結果の絞込み条件や並び替えの指定が可能
  • ページをスクロールすると自動的に続きを読み込む
  • テキストを選択するだけで検索キーワードの追加が可能
  • ボタン一発で検索結果をEvernoteにクリップ
  • サジェスト機能でキーワードの候補を表示
  • 計算式を入力するだけで電卓に早変わり
  • 全ての操作がキーボードだけで行える(ショートカットキー)

【インスタントサーチ対応検索エンジン】

Google ウェブ検索、Google 画像検索、Google 動画検索、Google ブログ検索、Google ニュース検索、Google 書籍検索、Google マップ検索、Bing ウェブ検索、Bing 画像検索、Bing 動画検索、Bing ニュース検索、ホットペッパー グルメ検索、ホットペッパーBeauty サロン検索、じゃらん 宿、ホテル検索、エイビーロード 海外旅行検索、カーセンサー 中古車検索、カーセンサー 新車カタログ検索、eruca ファッション検索、ATND イベント検索、web R25 記事検索、Yahoo! カテゴリ検索、Yahoo! ショッピング検索、Yahoo! オークション検索、Yahoo! 知恵袋検索、Amazon 商品検索、楽天商品検索、楽天オークション検索、楽天ブックス検索、楽天トラベル検索、楽天GORAゴルフ場検索、Twitter つぶやき検索、Youtube 動画検索、Flickr 画像検索、Wikipedia 検索、iTunes Store 検索、価格.com 商品検索、コネコネット 商品検索、CiNii 論文検索

※このアプリケーションは、Mashup Awards 6で受賞した作品「LIVEOUT Search」をChrome Web Store用にチューニングしたものです。

検索してみよう

調べたいキーワードを入力してみてください。
驚くことに、入力している最中に検索結果がリアルタイム表示されます。
検索ボタンをクリックしたり、Enterキーを押す必要もありません。
もちろん日本語にも対応しています。漢字変換中であっても、その変換中のワードで検索が実行されます。

検索結果の見え方

検索結果は、内容に応じてレイアウトが変わります。写真がある場合はタイル表示になり、テキストだけの情報の場合はリスト形式で表示されます。
検索結果のリンクをクリックするとリンク先の詳細ページが表示されます。
画像や動画検索の場合は、ポップアップして内容を確認できるようになっています。
キーボードで直接検索結果を開くには、ShiftキーとCtrlキーを押しながら数字の1~9を押します。1を押した場合は、検索結果の1番目を開きます。
検索結果と同時に、結果の件数や、検索にかかった時間も表示されます。
件数が多い場合は、一番下までスクロールするだけで自動的に次の結果を読み込むようになっています。ページの切り替え操作を意識せずに続きを見ていくことができます。

検索エンジンを切り替えてみよう

GoogleやAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Twitterなどの様々な検索エンジンを切り替えて検索することができます。
検索エンジンを切り替えるには、グローバルナビゲーションで選ぶか、検索エンジン名の左にあるボタンをクリックすると表示される検索エンジンメニューから選んで切り替えます。
検索エンジンメニューは、キーボードでAltキーを押しながらカーソル下キーを押して表示することもできます。
切り替えるとすぐに同じキーワードで検索結果が表示されます。

検索キーワードの候補

検索キーワードの候補を表示するサジェスト機能を使うこともできます。
入力ボックス左の緑色の▼をクリックするか、キーボードでCtrlキーを押しながらカーソル下キーを押してください。
キーワードの候補が表示されるので、カーソルキーで選んでください。
ESCキーを押すと候補表示をキャンセルすることができます。

検索オプションを指定してみよう

検索結果の並び順やカテゴリなどの検索オプションを指定することができます。
「検索オプション」ボタンをクリックするか、キーボードでCtrlキーを押しながらQを押すとオプションメニューが表示されます。
検索オプションは、ブラウザのCookieに記憶されますので次回以降も同じ条件で検索することができます。

地図を表示して場所を確認してみよう

Hotpepperや楽天GORAゴルフ場検索の場合、検索結果に表示されたお店の場所を地図で確認することができます。
「地図を表示」ボタンをクリックするか、キーボードでCtrlキーを押しながらMを押すと地図が表示されます。
検索結果の中に表示されている赤の噴出しマーカーをクリックすると、その場所が地図の中心に表示されるので、場所を簡単に確認できます。
地図を見ながら順番に検索結果の場所を見たい場合は、キーボードでShiftキーとCtrlキーを押しならがカーソルの上下キーを押すことで、順番に場所を確認していくことができます。
地図の拡大縮小をキーボードで操作するには、Shift+Ctrl+Zキーでズームイン、Shift+Ctrl+Xキーでズームアウトができます。

現在地の周辺を検索してみよう

周辺にあるお店を探す場合などは、検索オプションの「周辺検索」にチェックを入れて、その横にある「現在地周辺」の入力ボックスに住所または郵便番号を入力します。

この状態で検索すると、指定されている住所の周辺のものに絞って結果を表示することができます。
「地図表示範囲周辺」を選んで、表示されている地図の中心付近の情報に絞って結果を表示することもできます。

次々に新しいキーワードで検索する方法

表示されている検索結果の中から絞り込みたいワードを見つけた場合は、そのテキストをAltキーを押しながらマウスで選択します。選択されたテキストがキーワードの後につなげて検索が行われます。
同様に、Ctrlキーを押しながらマウスでテキストを選択すると、そのテキストを検索キーワードとして検索を行います。

かんたん電卓を使ってみよう

手元の電卓を使うよりもすぐに計算ができる電卓機能があります。
入力ボックスに「=1*2+3」のように先頭にイコールをつけて計算式を入力すると、瞬時にその計算結果が表示されます。
計算結果の答えをクリックすると、続けてその値を式に加えて計算ができます。
(電卓はどの検索エンジンを選んでいても利用できます)

Evernoteに検索結果をクリッピングしよう

検索結果をメモとして残しておきたい場合は、Evernoteでクリッピングしておきましょう。
検索結果に表示されているEvernoteのクリップボタンをクリックすると、「Evernoteにクリップ」ウインドウが別で開きます。
タグやテキストを指定して「クリップ」ボタンをクリックすると、Evernoteに検索結果の内容がクリップされます。

あとで読む

あとで読むためのサービス「Instapaper」と「Read It Later」に検索結果のURLとタイトルを保存しておくことができます。

マジックワード

検索キーワードの後にマジックワード(アットマーク+探したい情報)をつけることで、検索エンジンを瞬時に切り替えることができます。
例えば、Google ウェブ検索の状態で「りんご」と入力すると、Googleで“りんご”を検索した結果が表示されますが、その後に続けて「@動画」と入力すると、検索エンジンがYoutubeに切り替わり、「りんごの動画」が検索できます。
同様に「りんご@写真」とすると“りんごの写真(Flickr)”を検索することができます。

【使用可能なマジックワード】

google、bing、yahoo、amazon、itunes、画像、ブログ、ニュース、書籍、地図、翻訳、辞書、例文、グルメ、サロン、ホテル、海外旅行、中古車、新車、ファッション、オークション、知恵、本、楽天、旅行、ゴルフ、つぶやき、動画、写真、価格、論文

ショートカットキー

ほとんどの操作がキーボードだけで行えるようにショートカットキーを割り当てています。

[Ctrl+Backspace] 文字クリア
[Ctrl+↓] サジェスト
[Ctrl+M] 地図表示
[Ctrl+Q] 検索オプション
[Shift+Ctrl+↑↓] 地図マーカー移動
[Shift+Ctrl+K] 入力ボックスフォーカス
[Shift+Ctrl+H] ヘルプ
[Shift+F5] 更新
[Shift+Ctrl+1~9] 検索結果を直接開く

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。