Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

ホーム > HTML5 > 3Dモデルが簡単に共有できるWebGLを使った3Dモデルビューア「3dfile.io」

3Dモデルが簡単に共有できるWebGLを使った3Dモデルビューア「3dfile.io」

WebGLを使えば、ブラウザ上で3Dグラフィックスを表現することができます。

Chrome Lifeでも3Dゲーム3D人体解剖図などでWebGLが活用されていることをご紹介しました。

最近のゲームや映画などでは、3Dによる表現が当然のように使われ、クオリティーもリアルなものと見間違うほど高くなってきています。

こういった3Dグラフィックスの現場では、ベースとなる3Dのモデルデータを作る必要があります。

小さなチームでこういった3Dモデリングを分担して作業する際に簡単に共有してチェックできると便利です。

そこで今回ご紹介するのが、3Dモデルが簡単に共有できるWebGLを使った3Dモデルビューア「3dfile.io」です。

3Dグラフィックスの現場で使えるサービス

3dfile.io」は、様々な3Dファイルフォーマットに対応しており、ファイルをアップロードすると専用のURLが発行され、3Dモデルの共有ができるサービスです。

3Dファイルのアップロード

今回は、サンプルデータとしてArtec 3Dスキャナのサンプルモデルダウンロードサイトから靴のSTLファイルをダウンロードして試してみます。

3dfile.io」にアクセスし、upload filesボタンをクリックして3Dファイルをアップロードします。(アップロードできるファイルは最大10Mbyteまでです)

対応している3Dファイルのフォーマットは、STL (binary), PLY, 3DS, OBJ and SolidWorks, Pro/Engineer Creo, Siemens NX, CATIA, Autodesk Inventor, IGESです。

アップロードが完了すると、共有用のURLが発行されます。Open the Linkボタンをクリックすると3Dモデルビューアが開きます。

3Dモデルビューアの操作

3Dモデルビューアを開くとWebGLを使って3Dレンダリングされた結果が表示されます。右側に操作パネルがあります。

表示モードをSolidからSolid+Wireに変更すると、下記のように表示されます。

マウスでドラッグするとアングルが調整できます。Dキーを押しながらドラッグで移動ができます。
マウスホイールでズームイン・アウトができます。

その他にも操作パネルでアングルの切替や透過率の調整などが可能です。

メニューからシェアを選んで、FacebookやTwitterでシェアしたり、ホームページへの埋め込み用のタグを発行することが可能です。

下記のように埋め込むことができます。(表示モードがデフォルトでsolidなのが少し残念)

3dfile.io」は、3Dモデルが簡単にシェアして閲覧できる実用的なWebサービスです。

3D CADなどにも応用できるかもしれませんね!

ログインなども不要なので、是非、チェックしてみてください。

【画期的な3Dモデルテクノロジー】
顔写真をアップロードするだけで簡単に3Dで動く顔が生成できる技術です。デモが用意されているので是非試してみてください。
これはすごい!一枚の顔写真から自分の顔の3Dモデルが作れるサービス「Vizago」

それでは、また!

3Dグラフィックスのおすすめ書籍

タグ: , , ,

新着記事

この記事の読者におすすめの記事

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。