Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

ホーム > Google+ > Google+ページに直接誘導するサイトオーナー必読の最新SEOテクニック!Google+ Direct Connectの設定方法まとめ

Google+ページに直接誘導するサイトオーナー必読の最新SEOテクニック!Google+ Direct Connectの設定方法まとめ

先日、Google+に新しい動きがありました。

なんと、Facebookページに対抗してGoogle+ページが登場したのです。

Google+のアカウントは、Facebookと同じように実名主義のため企業アカウントを作ることができませんでした。

その対応策として、Facebookページ(ファンページ)のようにGoogle+の中で企業やブランドのファンページを簡単に作れる「Google+ページ」が公開されました。

「Google+ページ」を作るには、Google+に登録すれば自由に作成できます。

筆者としては、正直、このニュースにはあまり驚きがありませんでした。

ユーザー数は伸びてはいるようですが、Facebookのようなソーシャルなつながり要素は、それほどGoogle+には無いように思っています。

そんな状態で、Facebookの真似事をしていては、mixiページの二の舞になってしまいかねません。
(mixiページの話は全然聞かなくなりましたねw mixiページを作ってみたのですが、使い道に困ってます(汗;)

しかし、今回のGoogle+ページのリリースの裏には、Googleらしい重要な仕掛けが用意されていました。

それが「Google+ Direct Connect」という新機能です。

Google+ Direct Connect」は、簡単に言うとGoogleで検索した時にGoogle+ページに直接誘導できる機能です。

言葉だけだと、よく分からないのでこちらのキャプチャーを見てください。

これは、Googleの検索キーワードに「+amazon」と入力した状態です。
(この機能は、日本語版のgoogle.co.jpではまだ見対応していないので、Googleにログアウトした状態で英語版のgoogle.comにアクセスすると試すことができます。)

サジェストにAmazon.comのGoogle+ページが候補として一番上に表示されています。

そのままEnterキーを押すと、Amazon.comのGoogle+ページに飛びました。

Google+にログインした状態だと、サークルに追加しますか?と表示されて、「はい」を選ぶと、このGoogle+ページのファンになることができます。

これは、何を意味するのか?よく考えてみてください。

よくテレビや雑誌などで、「◯◯で検索」みたいなことやっていますよね。

これをするために今までであれば、Googleの検索結果で上位表示を目指すために頑張ってSEOの対策を行ったり、AdWordsで社名ワードやブランド名のキーワードを購入したりしていました。

そんなことしなくても、「Google+ Direct Connect」に対応したGoogle+ページを作っておけば、サジェストとして一番上に表示されるので、最も効果的に自分のサイトへ誘導してファンを獲得できるようになります

「Google+ Direct Connect」への対応は、

サイトオーナーにとって必須のSEO対策

であると言えます。

そこで今回は、みなさんのサイトを「Google+ Direct Connect」に対応させてGoogle+ページのファンを獲得する手順をご紹介したいと思います。

Google+ページの作成

まずは、Google+ページを作成しましょう。

Google+のアカウントを取得後にログインした状態で、こちらのページにアクセスします。

カテゴリを選択します。

ページ名とサイトのURLを入力して「作成」ボタンをクリックします。

Google+ページに表示するキャッチフレーズとプロフィール写真をアップロードします。
後からでも設定できるので、そのまま「続行」ボタンをクリックしても問題ありません。

まだ作ったばかりなので、ここはまだフォロワーに知らせても仕方がないので「完了」ボタンをクリックします。

Google+ページが完成しました。
あっという間にできましたね。

使い方は、Google+と同じでストリームに投稿をして情報発信していくだけです。
「自分のページに投稿」ボタンをクリックします。

あとは、ストリームに書きこんでいくだけです。

しかし、作ったばかりのGoogle+のページには読者(ファン)がいませんので、ファンを集めなければいけません。

自分の友達などに紹介して地道にファンを増やしていくのも必要ですが、やはりそこで大きな効果を発揮するのが、「Google+ Direct Connect」になってくると思います。
検索エンジンからの直接の流入があれば、ファンを確実に増やしていけるはずです。

ちなみに、Chrome LifeのGoogle+ページはこんな感じになりました。

続いて、Google+ Direct Connectの設定方法を順に紹介していきますね。

ちょっと道のりは長いので、時間がある時にやったほうがよいと思います。
その前にこのページをブックマークしておくことをおすすめしますw

サイトにGoogle+ページのバッジをつける

サイトをGoogle+ページと関連付けするために、バッジを取得してサイトにタグを埋め込む必要があります。

「使ってみる」のリンクをクリックしてガイドに戻ります。

「バッジを取得」のリンクをクリックします。

バッジの大きさを選択すると、サイトに貼り付けるコードが表示されるので、head要素内とバッジの貼り付ける場所にコードを埋め込んでください。

埋め込むと、このようにGoogle+ページのバッジがサイトに表示されます。

Google+ページのプロフィール情報の編集

こちらも関連付けをするために設定をしておきます。
Google+ページのプロフィールを開きます。

「プロフィール編集」ボタンをクリックします。

「おすすめのリンク」のエリアをクリックします。

サイト名とURLを指定してリンクを追加します。

「編集を終了」ボタンをクリックして、プロフィール情報を保存します。

Google+アカウントの設定

Google検索からGoogle+ページに流入した場合に、サークルへ自動的に追加する設定を行います。

Google+ページが表示されている状態なので、アカウントを切り替えて自分のGoogle+に戻ります。

右上のメニューから「Google+の設定」をクリックします。

Google+ページの箇所にチェックを入れます。

Google+ Direct Connectの設定状態確認

これで、Google+ページとサイトを関連付けるGoogle+ Direct Connectの設定が完了です。

正しく設定されているかRich Snippets Testing Toolで確認します。

サイトのURLを入力して「Preview」ボタンをクリックします。

Googleに正しく認識されている場合、publisherの欄にGoogle+ページのURLが表示されます。

(筆者の場合、rel=”author”でサイトから別のGoogle+アカウントに関連付けされていため、最初エラーになっていました。その場合は、authorのタグとリンクを解除すれば問題が解消できます。)

Google+ Direct Connectまとめ

おつかれさまでした。

ここまで設定してもらったのですが、まだ日本語のGoogle検索ではGoogle+ Direct Connectに対応していないので、サジェストに表示されませんorz

しかし、そんなに遅くないタイミングで日本語にも対応すると思うので、今からでもサイト側を対応しておくことをおすすめします。

これからは

「+Chrome Life」で検索してね!

と言える時代がやってくるのですね。

もちろん、Google+ Direct Connectは、+をつけて検索した場合のサジェストに表示されるだけですので、普通にキーワード検索で上位表示するには、きっちりとしてSEO対策が必要になってきます。

SEO対策の1つとしてタイトルをどうするのかをまとめた記事がありますので、こちらも参考にしてみてください。

Google+ページは基本的に通常のGoogle+と同じなので、いろんなテクニックが流用できます。こちらも参考にしてみてください。

最後に、Chrome LifeのGoogle+ページのフォローもお願いしますねww

それでは、また!

【追記】
カメラ女子・カメラ男子がフォローしておきたいGoogle+で活躍しているフォトグラファーをピックアップしたので、こちらもあわせてチェックしてみてください。
クオリティーの高い写真ばかりなので、写真のお手本になると思いますよw
Google+でハイレベルな写真を公開している世界のフォトグラファー20選

【ブログを続けるためのノウハウ集】
ブログを書く上での心構えから、ネタの探し方、記事のまとめ方、公開する部分までの流れでポイントをまとめておきました。こちらもあわせてチェックしてみてください。
三日坊主でも大丈夫!ブログを継続させるための10の鉄則(1年間のノウハウをギュッと凝縮しました)

Google+ページの参考に!Facebookページの作り方に関する書籍

タグ: , , , , ,

新着記事

この記事の読者におすすめの記事

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。