Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

ホーム > Chrome > ChromeのSSHクライアント「Secure Shell」が公開鍵認証に対応!ブラウザだけでサーバー管理ができる時代に近づいた

ChromeのSSHクライアント「Secure Shell」が公開鍵認証に対応!ブラウザだけでサーバー管理ができる時代に近づいた

以前の記事でご紹介したChromeのSSHクライアント「Secure Shell」が、バージョン0.8.2にアップデートされました。

今回のバージョンアップで、

公開鍵認証が使えるようになりました!

今まではパスワード方式だったので、サーバーによっては使えなかったのですが、秘密鍵をインポートして認証できるようになったので、SSHクライアントとして十分使えるレベルに近づいたと思います。

Secure Shell」を起動すると、接続先の設定ができるようになっています。

ここで接続先の名称(接続情報の記憶用)、ログインユーザー名、ホスト名、ポートを入力し、秘密鍵ファイルをインポートし、Enterキーでサーバーに接続します。

接続に成功すると、接続先情報は保存されるので次回からはワンクリックで接続できるようになっています。

筆者の運営しているサーバーに秘密鍵を利用して接続することができました!

他にも今回のバージョンアップで下記の機能が追加されています。

  • Ctrl+Shift+Nキーで新しいウインドウを開く
  • マウス選択でクリップボードにコピー
  • クリップボードへのコピー&ペースト
  • 新しい接続ダイアログ
  • 接続情報の記憶
  • フォーカス中のカーソルスタイル切替
  • いくつかのバグの修正

Secure Shell」はネイティブクライアントの技術を使って高度なネットワーク接続を実現しているのがすごいですね。

サーバーに接続するので、本当に安全なのか?
心配な方はSecure ShellのFAQに目を通しておくことをおすすめします。

ブラウザからSSH接続したい時には使えるエクステンションなので、インストールしておくと便利ですよ!

ブラウザだけでサーバー管理ができる時代

に一歩近づきましたねw

あとは、WinSCPやTransmitのようなファイル転送ソフトがあると完璧ですね。

それでは、また!

【Chromeをバリバリ使っている開発者の方へ】
ChromeのWebインスペクターで表示されるソースのスタイルを変更する方法を見つけました。こちらも合わせてチェックしてみてください。
Chrome Developer Toolsのテーマを開発者好みに切り替える裏ワザ

【なかなか仕事が思うどおりに進まない方へ】
やるべきタスクが消化できずに溜まっていく一方で困っている方に、それを解消する方法とツールを紹介しています。このツールを使うことで、重要な仕事にフォーカスできるので、仕事が空回りせずに、地に足の着いた進め方ができるようになりますよ。こちらも合わせてチェックしてみてください。
一日のやるべき事に集中できる!クールなタスク管理ダッシュボード「Momentum」

【iGoogleのようなスタートページを探している方へ】
iGoogleのサービス終了後、代替サービスとして良いものが見つからない方に朗報です。26種類のHDテーマ、17種類のウィジェット、複数タブ機能、音声検索の対応などスタートページとして十分な機能が備わったものを見つけました。こちらも合わせてチェックしてみてください。
待望のiGoogle代替サービスが登場!クールで高度なカスタマイズが可能なスタートページ「iChrome」

Linuxコマンド、Shell関連のおすすめ書籍

タグ: , , ,

新着記事

この記事の読者におすすめの記事

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。