Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

ホーム > Chrome > WebRTCを使って顔コントローラーで遊ぶKinect風ゲーム「FaceKat」

WebRTCを使って顔コントローラーで遊ぶKinect風ゲーム「FaceKat」

Kinectは、カラダ全体をコントローラー代わりにできるXbox用のセンサーです。

開発者の中には、Kinectのセンサーを使ってプログラミングする人もいるぐらい人気のインターフェースになっています。

しかし、筆者のようにKinectを持っていない人は、手軽に試すことができません。

そこで今回ご紹介するのが、WebRTCを使って顔をコントローラー代わりにして遊ぶKinect風ゲーム「FaceKat」です。

FaceKat」は、パソコンについているウェブカメラを利用して、その映像をブラウザのWebRTC機能を使って取り込み、顔認識で機体を操作するゲームです。

FaceKatのプレイムービー
YouTube Preview Image

Chrome+ウェブカメラで顔がコントローラーになる!

WebRTCの機能を使うには、最新のChromeを起動してURLに「chrome://flags」を入力し、MediaStreamを有効にします。
有効後はChromeの再起動が必要です。(筆者は、MacBook Airで試しています。Windowsで動作するかは確認していません)

FaceKat」にアクセスすると、カメラへのアクセス許可が聞かれるので「許可」ボタンをクリックします。

これで、カメラの映像がブラウザ上に表示されます。中央のSTARTボタンをクリックするとゲームが始まります。

顔を上下左右に動かすことで機体の向きが変わります。
ゲームは単純で丸い物体に接触しないように進んでいくだけです。飛行スピードは徐々に早くなっていきます。

丸い物体に衝突すると画面がオレンジ色に点滅します。3回衝突するとゲームオーバーです。

WebRTCを使えば、こういったカラダの一部を使ったセンサーアプリやゲームなどが作れるようになります。

まだChromeの中ではWebRTCが試験的機能なのでデフォルトで有効になってはいませんが、これが有効になるといろんなインターフェースのアプリが登場しそうですね!

近未来的なインターフェース

をいち早く試してみたい方は、「FaceKat」を是非チェックしてみてください。

くれぐれも仕事中にやらないようにしてくださいね。頭を振りまくるのでかなり怪しまれますww

【追記】

いろいろ調べていると、FaceKatの元になっているのが「FastKat」というゲームです。
こちらは、マウスで操作するタイプなので、ウェブカメラが無い人はこちらで遊べますよ。

続編の「FastKat2」というのもあって、こっちはよりリアルになっています。
どちらもスピード感があって、面白いゲームですので、一度遊んでみてください。

【Kinectの世界がブラウザで体験できる】
Chromeバージョン21から標準でWebRTCが使えるようになったので、Kinectのようなゲームがどんどん登場してきています。面白いので是非チェックしてみてください。
Chromeがゲーム機になる!WebRTCを使ったダンスゲーム「BeHero Tap Dance」

それでは、また!

Kinectプログラミングに関するおすすめ書籍・アクセサリ

タグ: , , , , ,

新着記事

この記事の読者におすすめの記事

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。