Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

ホーム > Chrome > Chromeの印刷プレビューはどこまで使える?3大ブラウザの印刷性能を比較!

Chromeの印刷プレビューはどこまで使える?3大ブラウザの印刷性能を比較!

Chromeの大きな欠点、それは「印刷プレビューができない!」ことでした。

筆者もChromeを使い始めた時に印刷プレビューができないので、印刷する時だけFirefoxを起動するといった面倒なことをしていました。

印刷プレビューができないだけなら、まだ我慢できたのですが、実際に印刷したときにページの端が切れたりレイアウトが崩れて出力されるなど、実用に耐えられないぐらいの印刷機能でした。

そんな状態だったので、印刷がまともにできないからChromeを避けていた人も多かったと思います。

それも今となっては過去の話です。
Chromeでは、常に機能改善がおこなれており、印刷機能に関しても進化しています。

そしてついに最新のChromeでは印刷プレビューを完全にサポートし、印刷の品質も改善されました

そこで今回は、Chromeの印刷プレビューの性能を調査してみたので、ご紹介したいと思います。

Chromeの印刷プレビュー

Chromeでは、印刷プレビュー専用のメニューはありません。
メニューで「印刷」を選びます(ショートカットキーはCtrl+P)。

印刷プレビューが表示され、出力するプリンターと印刷オプションが指定できます。
印刷オプションでは、印刷するページ、コピー枚数、両面印刷、レイアウト、カラーの設定ができます。

印刷ボタンを押すと、印刷プレビューのイメージ通りでプリンターに出力されます。

印刷前にプレビューで確認できるので、印刷ミスを軽減できますね。

印刷機能の比較

Yahoo! JAPANのトップページをAdobe PDFでカラー出力した結果を比較してみたいと思います。
(残念ながら筆者はWindowsXPなのでIE9はインストールできないのでIE8で比較しています)

機能 Chrome14 Firefox5 IE8
背景色・背景画像 ×
Flash埋め込み × ×
用紙にあわせて縮小 ×
印刷倍率調整 ×
印刷プレビュー速度 25秒 2秒 6秒
余白調整 ×
ヘッダー・フッター設定 ×
印刷品質

印刷結果の比較

Chrome14

Firefox5

IE8

まとめ

Chromeで印刷プレビューができるようになったのはうれしいのですが、プレビューにものすごく時間がかかってしまうのが難点です。
さらに、FirefoxやIEに比べると印刷の細かい調整ができないので、印刷機能に関してはまだまだ改善する必要があると思います。

FirefoxとIEは、印刷機能に差はあまり無いといった感じです。
ただし、IEに関してはFlashの埋め込みもそのまま出力できる。表示されているイメージと同じものが印刷できるといった点では、IEが印刷機能に関して一歩リードしているのではないかと思います。

ブラウザシェア予測でChromeが2012年12月にIEを抜いてシェアトップに?!で、Chromeのシェアに関して考察しましたが、IEを抜くには印刷機能の充実が必須ではないかと思います。

なんといっても、企業で利用しているブラウザの多くはIEであるのは確かです。
ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、ビジネスシーンでホームページを印刷することはまだまだあります。

ビジネスパーソンを取り込むには、Chromeの印刷機能強化が重要なポイントだと思います。

【用紙ピッタリに印刷する方法】
ブラウザで印刷するには、この方法が一番です。まだ知らない人はチェックしておいてくださいね。
新入社員が知っておくべきホームページを崩さず綺麗に印刷する裏ワザ

【Googleアカウントを複数持っている方】
Googleアカウントをその場で切り替えてGmailやGoogle Docsを開くことができるChromeエクステンションです。すごく便利なのでこちらもあわせてチェックしてみてください。
Google Appsドメインもサポートしたマルチアカウント対応Googleランチャーが便利

タグ:

アンケート実施中!

新着記事

この記事の読者におすすめの記事

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。