Chrome Life

Chrome OS, Chrome Web Store などChrome関連の話題、Google+などの新しいGoogleサービス、HTML5, JavaScript, CSS3によるWebアプリ開発、ChromeBook、MacBook Air、クラウドの活用方法などを紹介

ホーム > キャッチアップ > 未来の画像フォーマット「WebP」の圧縮率が向上し、段階的デコードにも対応

未来の画像フォーマット「WebP」の圧縮率が向上し、段階的デコードにも対応

Googleが提唱している未来の画像フォーマット「WebP」が、圧縮アルゴリズムを改善してJPEGに比べて25~34%程度ファイルサイズを小さくできるようになったそうです。

さらに、画像をダウンロードしながら段階的にデコードする機能も追加されたそうなので、画像のローディングが体感的に早く感じれるのではないかと思います。(インターレースGIFのようなものかな)

「WebP」が対応しているブラウザは、現在、ChromeとOperaだけだが、GmailやPicasaでも正式にサポートするようになったので、少なくともGoogleのプロダクトしてはデファクトの画像フォーマットにしていくのではないでしょうか。

サイトのパフォーマンスをあげるために画像サイズを小さくすることは効果的であることは確かです。

画像の鮮明さは変わらずに圧縮率が高いのであれば、Chrome向けだとしてもWebPを使うという選択肢もありだと思います。

WebPのギャラリーサイトでJPEGとの比較が確認できます。

画像ファイルを「WebP」形式に変換する方法

  1. Downloadページで「Precompiled WebP utilities and library」をダウンロードします。Windows、Linux、Mac OS X用がそれぞれ用意されています。
  2. ファイルを解凍して、コマンドラインから下記のようにしてWebP形式にファイルを変換します。
    >cwebp -q 80 sample.png -o sample.webp
  3. 例では、sample.pngを80%のクオリティで圧縮してsample.webpで保存しています。手元にあるファイルでは、115KBのPNGファイルが、94KBのWebPファイルに圧縮できました。
  4. オプションを指定すれば変換後のファイルサイズなども指定することもできます。
  5. 作成したWebPファイルをChromeにドラッグすると画像が表示されます。
タグ:

新着記事

この記事の読者におすすめの記事

このブログを購読しませんか?

RSSリーダーを使うと、このブログの更新情報がすぐに入手できるようになります。
このブログのRSSをRSSリーダーに登録すれば、更新されるたびに記事の本文を読むことができます。

Twitterでもこのブログの更新情報や筆者が見つけた情報をつぶやいていますので、@opakenをフォローしていただけるとうれしいです。

Facebookのファンページも用意しています。こちらでも更新情報を配信しています。「いいね!」をクリックしてもらうだけで購読できます。